読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何かものを書きたくなった時のための場所

Whenever you'd like to note something small,,,

London観光(13/2/2016)

語学学校で友だちになった日本人と週末、ロンドンに行ってきた。
この日に限って天気は微妙、その上朝の気温がとても低くて、
待ち合わせた駅は、ロンドンに向かう人でごった返し、皆、白い息を吐いていた。
冬のヨーロッパは手袋必須!買ってなかったことを悔やんだ。

9時過ぎの列車に乗りこむ。
Cambridgeを出ると車窓はひたすら牧草地になり驚く。
日本みたいに山がないから、つるっとした緑の平原が広がる。
時々現れるなだらかな丘陵も、映画のワンシーンのようだ。
いくつかの町やトンネルを通り、1時間ほどでLondon King's Cross Stationに着く。

King's Crossも大変な人の出で、目が回る。
30分かけてOyster Cardを買い、トラファルガー広場へTubeで向かう。
Tubeは狭くて、お世辞にもあまり綺麗でなくて(笑)、Londonを象徴する表象の1つだなあなんて思う。

今回のスケジュールとしては大英博物館以外のロンドンのスポットを総なめするような贅沢な行程である。しかし、時間はタイトだ。

Charing Crossで降りると地上は雨。劇場街を横目に広場に!
しかし、とにかく寒いので足早にウェストミンスターに向かう笑
Big Benをバックに写真を撮り、ひとつ目の目的地Westminster Abbeyに到着である。

このWestminsterの地区は11世紀(!)以来の国政の中心地であるらしく、
特に近代以降、英国史ないし世界史の重要な舞台であったのでしょう。
イギリスを代表する政治的英雄の銅像がたくさん立っていた。
一番新しいのはチャーチル像なのだが、次立つとしたら誰なのかしらということを考えた。

Abbeyにもやはり、王侯を始め、イギリスを代表する人物が埋葬されている。
既に入場待機列がそれなりの長さになっており、寒い寒いと皆で呻きながら、雨に打たれ待ちに待った。
見事なゴシック建築の堂内を歩いて回る。時間がなかったのでじっくり解説を聞く余裕はなかったのだけど、とにかくヘンリ7世の信仰心の熱さ&当時の財政の豊かさに感じ入る。壮麗。
堂内はささやかな空調はあるのだけれど、天井が高いから効率がまあ悪い。寒い。
尿意を感じ始める。

・・・ロンドンの、というかヨーロッパの下水設備について期待してはならない。
宗教施設は基本的に便所は併設されていないと思ったほうが良い。
隣人愛とは。アガペーとは。

まあ、Westminsterには屋外に、工事現場の仮設トイレのような構造物があるのだけど、これまた長蛇の列により断念。Amen.

仕方なく、4人で耐え難きを耐え忍びつつ、昼食の場所を探しに。
結局、Red Lionというパブ風のお店に入る。
さすがに飲食店にはトイレは付いている。神である。

用を足した後
トラディショナルな英国料理、もといパイを食した後、今度はバッキンガムへ。
ちなみに食事はやや高だったがとても美味しかった。
イギリスといっても、お金を払えば美味いものが食えるのである。
なお、水にまでお金がとられる切なさ。

バッキンガムは見事だが、正直雨の中歩いてもあまり気持ちいい場所ではないかもしれない。
でも、とにかくスケールがでかい。さすがの大英帝国グレートブリテン統一の象徴である。


まあでも晴れてほしかったな。

同行者のたっての希望でロンドンの西の端っこにあるヴィヴィアン・ウエストウッドの一号店に行く。
着いたら既に日本人客が来ていた。スタッフも二人のうち一人は日本人で、要するにまあそういうことだ。
めちゃくちゃ小さいお店で床が傾いてるのでちょっと酔いそうになった。
ちなみにトイレは貸してくれなかった。

ぐっと東に向かって、次の目的地はSt. Paul大聖堂!
これは僕の最も行きたかった場所だ。
なんたって建築がかっこいい。美しい。
クリストファー・レンの傑作である。
(トイレはないが)

シティというビジネス地区のどまんなかに、どでかい宗教建築があるのは何だか不思議な景観である。
思っていたよりもその巨大さに圧倒された。

近くのトイレを探してやや迷ったが、
身を整え、無事堂内へ。

観覧はできなかったのだけど、その代わりEvensongに参加した。
聖堂お抱えの聖歌隊が歌い、礼拝する。

遠くの位置から聞いたので、よくわからなかった部分もあったが、
しかし、この世のものとは思えない、天から降ってくるような素晴らしい合唱だった。
日本で聞くそれとは質的に全く違う。現実のことを忘れ一時間近く、集中して聞いていた。

聖堂を出て、再びTubeに乗りロンドン塔そしてタワー・ブリッジへ向かう。
ロンドンの代表的なランドマークである。端を渡ると何だかお台場のような新しいエリア。
洒落た店が多くて、ぼくらもそこで夕飯を食べた。
そこそこの美味しさであった。

何を話したか全く覚えてないのだが、
一緒に行った4人は、物腰柔らかくなかなか良いメンバーだった。
また会うことはあるだろうか。


ケンブリッジに戻ると夜22時であった。酔っ払った学生たちが駅前でFワードを叫びながら暴れてて笑った。(ちょっと怖かった)
バスに乗り、ガルフリッジ・ロードの家に帰った。

広告を非表示にする